<< アナトミカのオールデンを個人輸入してみる!? | main | アナトミカのオールデン:モディファイドラストを個人輸入してみた >>
アナトミカのオールデン-3/タンカーブーツ
先週、パリのAnatomicaに注文したプレーントウが届くのを心待ちにしているスタプラですが、今日は一昨年の2月に購入したタンカーブーツを紹介します。

当時からコードバンの短靴が欲しくて欲しくて、でもせっかく訪れたAnatomica本店にも残念ながら自分のサイズの在庫はなく、「う〜ん、残念!」と諦めていたところに、スタッフのMさんが地下の倉庫から持ってきてくれたのがこのブーツでした。

当時は1ユーロ100円前後という円高、しかも免税手続きで18%ほど戻ってくるという追い風(笑)もあって、まさに衝動買いに近い状態でしたが、帰国後に見た雑誌(Free&Easy)の記事を読んで、通常のタンカーブーツとは少しだけディテールが異なっていていることに気がつきました。

Free&Easy 2012年1月号より引用

いちばん目立つのはノーズの分割がUチップ状、つまりスプリットトウでないこと。シューレースのホールに鳩目がなく、フックレスなこと。そしてソールはシングルのウォーターロックソール、甲と足首周りはノーライニングで、とても軽量に仕上がっていること。


画像のP.フルニエ氏のようにシューレースをぎゅっと縛り上げ、レングス短めのパンツに合わせるとかっこいいんですが、鳩目レスのシューホールって、じつは想像以上に脱ぎ履きがしづらいんですよ(笑) 今年の秋冬はきわめて意識的に、履く機会を増やしていかないと勿体ないなぁ〜と感じています。
広 告
| オールデン | 19:11 | comments(0) | - |
コメント
コメントする